インド南端の旅 1|ジェクト株式会社

ジェクト株式会社へようこそ
  • お問合せはこちら

社長ブログ

  • インド南端の旅 1

    2018-12-07

    先月後半、3年ぶりにインドを訪れました。
    アラビア海側のインドの南端に近いケララ州です。
    夜遅く成田を発ちシンガポールに早朝到着し、インドへの
    乗継便を待つ間、親切にもフリーツアーがありました。







    まず有名なマーライオンがある海辺のパークを歩いて
    3つの塔が人目を引くマリーナベイ・サンズを眺めたあと
    アラブ人街からサルタンモスクへ。空港に再び戻り夜の便で
    インドの南端に位置するトリヴァンドラムに到着。





    ここから海辺のコヴァーラムにあるリゾートホテル、リーラ
    へ車で約30分。そこで一足先にロンドンから来ていた
    友人夫婦と合流しました。前回も彼らに誘われて訪れたのです。




    翌日は午前中アラビア海を臨むインフィニティ・プールで
    ゆっくり過ごした後、ビーチに出て昼食を取りました。
    そのあとは海岸沿いのお店を覗いてショルダーバックを購入。











    夜はホテルのプール脇のレストランでディナー、カターカリ
    という仮面舞踏もありましたがこれは後に本物を見る予定です。






    次の日はアラビア海、インド洋、ベンガル湾が交わる
    最南端を目指し出発。途中ボートクルーズを体験しました。
    ヤシの森に囲まれた土色の川を進むとアラビア海が見えたので
    船を降りると、広い浜辺に人は疎らで果物を売る人が少々。










    最初の目的地、パドマナーバプラム宮殿に着いたら
    昼休みで近くの食堂へ入るとメニューは定食のカレーだけ。
    心配した激辛ではなく何とか食べられました。
    宮殿は18世紀の木造建築で、格天井や縦格子の外壁など
    日本建築に似た部分もあり何かつながりを感じます。










    この後インド最南端のカニャークマリへ。町名のもとに
    なったクマリ・アンマン寺院は入るとき男性は上半身裸です。
    海に浮かぶ2つの岩に建つ記念堂と詩人の像を見たあと
    サンセットポイントまで足を延ばしました(曇りで日没は見られず)。


         クマリ・アンマン寺院入口(左奥)




     


    テーマ名 旅行記

    ページ作成日 2018-12-07