インド南端の旅 2|ジェクト株式会社

ジェクト株式会社へようこそ
  • お問合せはこちら

社長ブログ

  • インド南端の旅 2

    2018-12-08

    3日目は午前中ホテルのプールサイドでのんびりした後
    国際空港のある州都のトリヴァンドラムへ向かいました。



    この町の象徴とも言えるパドマナーバスワーミ寺院は
    入れるのはヒンズー教徒だけで、私たちは建物の周囲のみ
    歩きました。ここは旧市街に位置し、寺院の周りは多くの
    地元の人たちで溢れ、外国人姿はあまりありません。







    ホテルに戻って夕食を取り、リーラ最後の夜を過ごして
    翌日はハウスボートを乗るためアレッピーに向かいました。

    インドは車は左側通行ですが日本人に運転は不可能です。
    何故ならよほど大きい街でないと交差点に信号がなく
    大きく反対車線にはみ出しての追い越しは日常茶飯事!





    ボート乗り場は、住宅街の細い道の奥にありました。
    客室は3つで部屋にはトイレ、シャワーがあり、お客は
    私たち4名。乗船スタッフの中にはコックさんもいて、
    出帆後、食堂でさっそく何品もの南インド料理を堪能。









    進行方向右手にはたくさんのハウスボートが停泊し
    幾つものボートとも行き交いました。2階建てのものも
    ありますが、大きさは大体同じくらいの木造船で
    この地域には1,000艘以上あるそうです。







    暫くすると岸辺の背景の風景が青々とした田んぼに変って
    きました。これだけ広い水田を日本で見た記憶がないほどです。
    調べるとインドは世界一のコメの輸出国とのこと。





    さらに進むと大きな湖に出ました。グーグルマップで見ると
    アラビア海に近く、昔海だったところが分離されてできた
    「潟湖」のようで、とても広大で琵琶湖くらいありそうです。





    夕刻近くボートは岸辺に横付けされ、スタッフは夕食の
    準備を始めました。私たちは陸に上がって日没が見える
    場所へ移動し、インドの日の入りを初めて眺めました。



     


    テーマ名 旅行記

    ページ作成日 2018-12-08