インド南端の旅 3|ジェクト株式会社

ジェクト株式会社へようこそ
  • お問合せはこちら

社長ブログ

  • インド南端の旅 3

    2018-12-09

    翌朝、ハウスボートを降りた私たちは約50㎞北上し
    最後の宿泊地のコーチンへの途中、アラビア海の砂浜へ。

    波打ち際であるカップルに写真撮影を頼まれたことが
    きっかけで話をすると,私たちが3年前に行った
    チェンナイから新婚旅行で来た人たちでした。





    コーチンは今までの街と違って、独特の雰囲気があり
    ヨーロッパ風の建物が見られるのはその歴史によります。
    紀元前から交易の拠点として栄え,1503年にはポルトガルの
    植民地となり、その後1663年にはオランダ領に、1795年
    にはイギリス領と支配者は変遷します。





    私たちのホテルはその中心地だった「フォート・コーチン」の
    繁華な場所にあり、大きな邸宅をリノベーションしたようです。







    この日は夕刻、近くのシアターで伝統芸能「カターカリ」
    を鑑賞。顔を緑色に塗るのが特徴で、セリフは無く表情と
    身振り手振りで表現しますが、日本のお神楽を演ずる時に
    つける仮面、雅楽のリズムに共通点があるよう感じました。







    翌朝海辺に出てチャイニーズ・フィッシングを見ました。
    これは丸太に10m四方ほどの網をつけて、海に沈めて
    引き上げるという伝統の漁法で、私たちも参加しました!







    街にはオランダ人植民者の墓地や、その頃建てた邸宅が
    残っており、インド最古という聖フランシス教会にはヨーロッパ人で
    初めて海路でインドに来たヴァスコ・ダ・ガマの墓があります。











    サンタクルス聖堂は1506年に建築され、20世紀初頭に建て
    替えられたカトリック聖堂。ちょうど子供たちが外に出てきて
    私たちを見ると人懐っこく取り囲み質問を浴びせました。







    2度目のインド、インダス文明を持ち出すまでもなく、
    悠久の歴史と独特の文化を持つアジアの大国。
    経済も著しく発展し、この子供たちが成長して国を支える
    ようになる頃には、GDPもアメリカを上回るとか・・・。


    テーマ名 旅行記

    ページ作成日 2018-12-09