最新の記事一覧|ジェクト株式会社

ジェクト株式会社へようこそ
  • お問合せはこちら

社長ブログ

  • ディープラーニング

    2018-04-19

    先週の小泉進次郎モーニングセミナーの講師は
    AIの研究者、東大大学院准教授の松尾豊さん。

    碁、将棋の世界で昨年「アルファゼロ」という人口知能は
    数時間の自己学習で今まで最強のAIに勝ったそうです。
    人工知能の研究は1962年にスタート、1980年代に第二次
    AIブームがあり、ここ数年では「ディープラーニング」に
    注目が集まっているそうです。





    ディープラーニングはAI自らデータを認識して学んでいき、
    例えば犬、猫、狼を画像から選ぶエラー率が2012年に28%だったが
    5年で2.3%となり、人間の5.1%を下回るようになったとのこと。

    また「眼の誕生」という著書によれば、カンブリア紀に
    三葉虫のような眼を持つ生物が出現してから生物が爆発的に
    増加したそうで、今後ロボットが眼(認識)を持つ時代になれば
    新たな産業の爆発?が予測されます。

    そうなればまず農業、建設、食品加工などの業界が大変革し
    例えば調理は今はロボットはできないが20年後には世界の
    外食産業のバックヤードが自動化されるのも夢ではない。







    いま掃除ロボットはあるが、もし片付けロボットができたら
    相当高価でも売れる、と松尾さん。今の家電には認識能力がなく、
    家事には全てこの能力が必要で凄いマーケットになりそうです。

    この分野の研究者が書いた論文の引用ランキングのトップは
    約16,000回で、残念ながら日本人最高は412位(M.I.Tの研究者)。
    松尾研がその人を引っ張ろうと提示した年俸が5,000万円!
    ところが7,800万を提示したグーグルに敗れたとのこと。さらに驚いたのは
    30番以内の研究者は年俸数億、では5番以内はというと数10億
    というから大リーグの上位と同じなのです!



    このあと登場した小泉さんは「2年前若手が集まった勉強会の
    最初の講師が松尾先生だった。政治家にとって経済、社会の勉強は
    必要だが、テクノロジーが世界を変えていくことは確実で、その知識
    なしには政治家は務まらない」ということでお願いしたそうです。

    最後にアマゾン創業者のベゾス氏の言葉「毎日が1日目」を紹介、
    彼は社員に「毎日がアマゾンの創業した日だと思ってほしい、
    2日目はもう停滞を意味する。」と言い続けたといいます。
    日々革新、これから企業も政治も同じなのか、と気づかされました。


    テーマ名 ひとこと

    ページ作成日 2018-04-19

  • アフリカ南部の旅 3

    2018-03-25

    11日の夕刻、ヨハネスブルグからケープタウンに
    到着しました。最初に訪れた2013年9月は天気が優れず
    特にテーブルマウンテンは上ったものの頂上からほんの
    一瞬雲が切れ下界が見えたのみ。今回は天気が良く
    360度の素晴らしいパノラマが楽しめました。











    次はこれも2度目のカーステンボッシュ植物園に。
    季節は冬から春に向かうところで、しかも雨がしばらく
    降らずお花は前回ほど見られませんでした。





    ケープタウンの水不足は深刻で、1日1人50L以上の
    水を使うと5月には完全に渇水するということで
    ホテルの浴室もシャワーのみで浴槽は使えません。

    ワイナリーのレストランで昼食を取ったあと、ヘレンに
    迎えに来てもらい、ツアーと別行動に。彼女はロータリアンで
    2014年に来日した際、当家にホームステイしたのです。







    カラフルなマレークォーターを通って、元要塞だったという
    キャスル・オブ・グッドホープへ。ここは南アフリカでは
    最も古い、見ごたえのある建物ですが人影はまばら。
    前大統領の管理がいい加減で、調度品も失われたとのこと。







    そして私たちはウィルフレッド夫妻のマンションへ。
    この夫妻は4年前の来日時に河合さん宅に滞在したのです。
    ベランダで美味しいバーベキューディナーをご馳走になりました。





    翌日はロータリーのGSEプログラムの団長として5年前に来日、
    当家にも滞在したシャーンがホテルまで迎えに来てくれました。
    ご主人の運転する車は、まずオットセイが生息するドイカー島から。
    約1時間のクルーズでこれほど揺れる船に乗るのは初体験!





    ケープ半島南端のケープポイントの入口で車を降りてケーブルカー
    に乗り、さらに階段を上がると灯台があり、素晴らしい絶景で
    眼下にインド洋と大西洋を分ける喜望峰が見えます。






             喜 望 峰
    夕刻、シャーン宅にGSEの派遣メンバー3人が集まりました。
    ロータリーの縁で日本から遠く遠く離れた地で知合いと再会し
    旧交を温められる幸せをかみしめた最後の夜になりました。







     


    テーマ名 旅行記

    ページ作成日 2018-03-25

  • アフリカ南部の旅 2

    2018-03-24

    午前中サファリを終えた後、ビクトリアの滝に向かい
    バスでボツワナからジンバブエに移動。この時ランチに寄った
    レストランの建物にとても興味を引かれました。スペースは
    どこまでもゆったりとして、調度品も目を引くものばかり。







    さてこの滝の水量は世界一だそうで、落水の轟音と共に
    水しぶきがまるで豪雨のような場所があり、「滝の観光中
    濡れることがあるので雨具や滑りにくい履物を」と案内書に
    あったので、持ってきたコートを着たが全身ずぶ濡れに!
    それはレインコートではなくウインドブレーカーだったのです。







    翌日のヘリコプターからの観光は天候が悪く、ダメかと
    思ったら時間ギリギリでOKとなり、空からの素晴らしい
    スペクタクルを堪能できて、ここでも幸運を感じました。



    この日の午後はリビングストンより空路、南アフリカの
    ヨハネスブルグへ到着。翌日の観光は「アパルトヘイト」が
    テーマの勉強会といってもよいほどの内容でした。

    その要因は現地日本人ガイドの、セミナー講師のような
    博識と語り口で、見学した場所もマンデラ元大統領が
    住んでいた家と、ヘクター・ピーターソン博物館でした。





    ネルソン・マンデラはその反アパルトヘイト運動のため
    1964年から1990年まで投獄され、1993年にノーベル
    平和賞を受けた翌年、大統領に就任しました。

    アパルトヘイト撤廃運動のきっかけの一つが、1976年に
    起こった中・高校生のデモと言われ、このとき警官に
    射殺された13歳の少年がヘクター・ピーターソンなのです。





    1910年、イギリスから独立した南アフリカは黒人を国土の
    8%のエリアに押し込める法律を作って人種隔離を始めますが
    1994年マンデラ大統領が誕生してようやく撤廃されました。
    数年前ロータリーのGSEプログラムで来日した5人のうち
    3人が有色人種だったのはその成果なのでしょう。


    テーマ名 旅行記

    ページ作成日 2018-03-24