最新の記事一覧|ジェクト株式会社

ジェクト株式会社へようこそ
  • お問合せはこちら

社長ブログ

  • アメリカメークアップツアー3

    2019-05-27

    14日の夜、最後の訪問地ニューオリンズへ到着。ホテルの
    外に出るとバーボンストリートは夜遅くにもかかわらず
    かなりの人出で、現地ガイドに紹介された小さなジャズバーへ。

    ピアニストの弾き語りで、いきなりリクエストを聞かれ
    Tea for Twoと答えました。終った後たまたま会場を出てきた
    ピアニストと記念撮影。







    翌日はフランスやスペイン植民地時代の建物が残る
    フレンチクォーターの中のジャクソン広場へ。アメリカ最古の
    セントルイス大聖堂の前には観光馬車が列をなし、1862年
    開店のカフェデュモンドは当時のオープンテラスのままです。











    そのあと高級住宅街に隣接する大きな墓地へ。地下水位が
    高く地中に埋葬できないのでお墓が家のよう。また墓地の
    周辺は静かで住宅立地として好まれるとの説明を聞き何と
    合理的!と情緒的な我が国との差をこんなところでも感じました。





    昼は大型蒸気船ナッチェスのランチクルーズ。船上では
    ジャズライブがありクラリネット奏者と写真を撮ったさい
    今夜演奏するジャズクラブへ誘われました。











    下船して向ったのは郊外のオークアレイ・プランテーション。
    1839年築の邸宅は28本の列柱が周囲を囲み、ミシシッピー川
    からのアプローチの両側の大木は樹齢300年のオーク。
    「風と共に去りぬ」の世界、南部でしか見られない風景です!







    街に戻り夕食の後、まずクラリネット奏者が出演する
    小さなジャズバーに行ってデキシーランドジャズを
    楽しみました。彼らは毎年日本でも公演しているとのこと!







    ホテルの帰り道、プリザベーションホールという1817年
    完成の小さなコンサートホールに寄り、立ち見でクールな
    モダンジャズを聴いて最後の夜を過ごしました。初めての
    南部でしたが、アメリカの多様性、奥深さを感じた旅でした。


    テーマ名 ロータリーなど

    ページ作成日 2019-05-27

  • アメリカメークアップツアー2

    2019-05-26

    12日は昼前にニューヨークを発ちナッシュビルへ。
    5年前に現地に移った元横浜のロータリアンの野坂さんと
    2つのクラブ例会に参加することがツアーの主目的です。

    ホテルチェックイン後、ダウンタウンへ。さすがカントリー
    音楽の都、メインストリートは各種のライブハウスが連なり、
    色々な音楽が路上にまで鳴り響いているのにはビックリ!







    ナッシュビルはテネシー州の州都、翌日1859年にできた重厚な
    州議事堂を見学。上院・下院議場、図書館などほとんどの部屋を
    案内され、この開放性に日本との差を感じてしまいます。











    お昼はナッシュビルロータリークラブ例会に参加。ここの
    会員数は600人近く、世界で第3位の規模もさることながら
    会員の半数が女性というのに驚きました!







    例会終了後、事務局の若い女性が亡くなったおじいさんが
    所有していたという日章旗を私たちに見せました。フィリピンでの
    戦闘中に取得したもので、所有者の遺族を探す協力をすることに。



    午後はまずライマン公会堂に。1892年に初めは礼拝・集会場を
    目的にできたホールがカントリーの発信地に変ったとのこと。
    カントリー音楽殿堂博物館にはスターの舞台衣裳や楽器等の
    コレクション、極め付きはプレスリーが寄付したキャデラック!


            ライマン公会堂




           カントリー音楽殿堂博物館





    最後に行ったのは小さな録音スタジオ、RCAスタジオB。
    開設した60年前には他になかったので、プレスリーは200曲
    以上をここで録音し、ピアノなどが当時のまま残されていました。







    次の日は野坂さんの大栄アメリカを訪問。この樹脂部門で
    日産などに車のプラスチック製品パーツを供給しています。
    従業員80名の約7割はラオス人でアメリカ人より手先が器用で
    労働集約型のこの仕事では助かる、と言っていました。







    その後野坂さんのマーフリーズボロ・ロータリークラブの
    例会に参加。会場はゴルフ場のクラブハウスで、会長・
    幹事は女性で、進行も日本ほど形式的ではありません。




         船木会長からプレゼント
    午後は南北戦争の激戦地、ストーンリバー古戦場跡へ。
    1862年末の戦闘で双方多数の死者を出し、今この地にある
    国立墓地には6000人以上の兵士が眠っています。




    テーマ名 ロータリーなど

    ページ作成日 2019-05-26

  • アメリカメークアップツアー1

    2019-05-25

    横浜・川崎地区のロータリー国際奉仕委員会では
    昨年から他国のクラブ例会に参加することを中心とする
    「メークアップツアー」を始め、今回はアメリカです。

    13名の参加者はまずニューヨークに10日午前中に到着
    JFK空港からブルックリンに向かい、イーストリバーにかかる
    ウイリアムズバーグブリッジが目前に広がる素晴らしい
    ロケーションのレストランで昼食を取りました。





    食事後、ブルックリン・ブリッジとマンハッタン・ブリッジに
    挟まれた「ダンボ」と呼ばれるエリアを散策しました。
    かつて治安も悪かったブルックリンは近年おしゃれなショップ
    カフェやアーティスト等も進出して注目のエリアです。









    そのあとマンハッタンのウォール街を見学してホテルへ。
    この日夕刻、ブローウエイミュージカル「シカゴ」を鑑賞。
    英語が分からないせいもあり私は舞台そのものより年代を
    感じさせる劇場の雰囲気に魅力を感じました。





    二日目はまずハイラインに。ここは廃線になった鉄道の
    高架部分を公園化したもの。途中に東京オリンピックで
    有名?になったザハ・ハディド設計の建物に出会う幸運も。




         ザハ設計によるオフィスビル

    その後バッテリーパークから自由の女神を遠く望み
    グラウンドゼロへ。今回メモリアルミュージアムに初めて入り
    生々しい遺品の数々を見てこの大惨劇を実感しました。











    また3年前に完成したワールドトレードセンター駅の
    コンコース「オキュラス」は鎮魂の大空間と感じました。



    この日の昼食は参加者の一人がお店と懇意で予約を取り有名な
    NOBUで。アメリカで極上の和食が食べられるとは・・・






    自由行動の午後、初めてMOMA(ニューヨーク近代美術館)へ。
    時間がなくピカソ、ゴッホなど近代の巨匠の絵画のみ鑑賞。









    夕刻は
    初めてnお大リーグ観戦のため地下鉄で小一時間、
    クイーンズ地区のニューヨークメッツの本拠地へ。






    テーマ名 ロータリーなど

    ページ作成日 2019-05-25