最新の記事一覧|ジェクト株式会社

ジェクト株式会社へようこそ
  • お問合せはこちら

社長ブログ

  • オクシブ(奥渋谷)

    2018-08-16

    夏休みに入ってからどこかで美味しいものを
    ということで渋谷区松濤の「シェ松尾」でランチを
    取りました。家内の少し早い誕生祝も兼ねて・・・

    井の頭線神泉駅から歩いて5,6分、高級住宅街の
    ど真ん中に位置するイギリス人の設計による邸宅を
    レストランに改装し、昭和55年にオープン。もともとが
    洋館のせいか、壁の風景画がとてもいい雰囲気を醸し出し
    中庭も素敵ですが、さすがにこの日は利用する人はいません。







    食事の後、花崗岩の外壁が特徴的な白井晟一設計の
    松濤美術館の前を通り、再び電車で隣の駒場東大駅で降り
    東大の教養学部のはずれを歩いて駒場公園へ。



    ここは前田侯爵の屋敷跡で、昭和4年に洋館、翌年に
    和館が完成し、戦後は米軍に接収され連合軍司令官の官邸など
    として使われていました。洋館は残念ながら改修中で
    見学できたのは和館のみ。





    広い床の間や違い棚、付書院、美しい障子、縁側に座ると
    風がとても心地よく、池に遊ぶ鯉や石灯篭を眺めて飽きることが
    ありません。またお客が少なかったせいか事務の人が
    板戸に描かれた絵や茶室を案内してくれました。











    そのあと代々木上原駅に向う途中、井の頭通りを左折して
    小田急線のガードをくぐると高い塔が見えてきました。
    これが東京ジャーミイ・トルコ文化センターです。





    どうしてイスラム教の人たちの寺院がここにあるのか?
    歴史は戦前までさかのぼり、ロシア革命を逃れて日本に来た
    トルコ人が礼拝の場所を求め、昭和13年に日本政府も
    協力してできたのが東京回教礼拝堂で、これを平成12年に
    今のものに建て替えたのでした。





    東京はいろいろな文化が混在していることも他にはない
    大きな魅力の一つです。


    テーマ名 街あるき

    ページ作成日 2018-08-16

  • 迎賓館

    2018-07-14

    四ツ谷駅を降りて外堀通りを左に進むとほどなく
    迎賓館の象徴的な正門が見えてきます。この門の前までは
    何度か訪れましたが、中に入るのは今回が初めてです。







    迎賓館は東宮御所として、かつて紀州徳川家の江戸屋敷があった
    ところに明治42年、鹿鳴館などで有名な建築家コンドルの弟子の
    片山東熊の設計によってネオバロック様式の宮殿として建設されました。

    彼の設計した建物は奈良国立博物館や東京国立博物館の
    表慶館などいくつか現存していますが、明治維新から約40年で
    西洋建築の設計・施工術を習得できたのは感嘆に値すると思います。





    戦後この建物は皇室から国に移管され、国立国会図書館など
    として利用されましたが、外国の賓客を迎える施設として
    使用していた旧朝香宮邸が手狭ということで、村野藤吾の設計
    協力を得て、昭和49年に改修工事が完成。その秋アメリカの
    大統領として初めて来日したフォード大統領を迎えました。

    また和風別館「游心亭」は谷口吉郎の設計で同じ年に完成。
    47畳の大広間などを中心に会食や茶会に利用されていますが
    迎賓館が一般公開されたのは2016年からでした。



    和風別館は予約が必要で見学はこちらから。まず前面の池は
    浅い水盤で設計されたものを当時の田中首相が錦鯉を入れる
    よう指示し、池の底を掘りさげたとのこと。また正面玄関脇の
    庭は竹林と白砂が印象的ですが、中曽根首相が竜安寺のように
    石を置くよう指示、江戸風が京風になってしまったとのこと。



    本館に入り2階大ホールから見下ろす中央階段はまさに
    宮殿にふさわしい荘厳さで、日本にいることを忘れさせます。
    ホール正面には小磯良平の200号の絵が2枚掛けられていました。


          中央階段ホール

          2階大ホール

           朝日の間

           羽衣の間
    ホールに続く「朝日の間」は首脳会談で使用する部屋で、
    「羽衣の間」のシャンデリアは重さが800㎏で館内では最大。
    また国賓の晩餐会がよく行われるのは「花鳥の間」です。


               花鳥の間

    さて見学を終え、正門から出ようとすると私たちは警備員に
    呼び止められました。何とこれから天皇陛下の車列が通るとのこと。
    平成時代の最後に陛下の姿を見られたのはとても幸運でした。




    テーマ名 アート・建築

    ページ作成日 2018-07-14

  • 正午の茶事

    2018-06-27

    私たちのロータリークラブの国際奉仕委員会主催で
    この度、海外からのロータリーの奨学生などを対象とした
    茶道教室を当社の会議室で行いました。当社では20年以上
    前から、お客様や地域の方を対象として茶道教室を
    開催しておりそのお道具などを使用しました。



    なぜ当社でお茶の教室か?茶室付きの住宅の建築も
    時折り行っていた当社では、茶道の基本的な知識を
    社員が持つことが必要と当時の社長が始めたのです。

    当初は社員が順番に受講していましたが、全社員対象
    となると年2,3回しか回って来ないのでだんだん参加者が
    少なくなり、社外の人を対象にするよう変えたのでした。





    今回はお昼をいただきながらのお茶席「正午の茶事」で
    午前11時から午後3時までという長丁場です。
    まず、つくばいの代わりに部屋の角の流しで手と口を清め、
    茶碗の水で喉を潤してから懐石弁当をいただきます。



    食事のあとは濃茶の体験。ふつうのお茶席は薄茶で
    濃茶を頂く機会は少ないそうです。亭主はその準備が
    できた合図に銅鑼を「大小大小中中大」と音の大きさを
    変えて打ちます。何人かトライしましたが難しそうでした。





    点てられた濃茶は数人で回し飲みするのがしきたりで
    ドロッとしたお茶を3回半で頂き、懐紙で茶碗を拭ってから
    お隣に回します。次の薄茶は一人ずつ頂いきましたが
    一つのお茶を共有する作法は他国ではありえないでしょう。

    亭主とお茶や茶器について会話ができるのはお客の代表の
    正客だけ、というのも集団主義の日本の特徴だと思います。





    最後にお点前の体験をしましたが、初めてにもかかわらず
    皆上手に茶筅を使ってお茶をたてていました。
    奥が深い茶道の入り口、4時間があっという間に感じたのは
    私だけではないでしょう。日本人も滅多に経験しない「正午の茶事」
    に留学生が触れる機会を設けることができて幸いでした。


    テーマ名 ロータリーなど

    ページ作成日 2018-06-27