最新の記事一覧|ジェクト株式会社

ジェクト株式会社へようこそ
  • お問合せはこちら

社長ブログ

  • 伝えることから始めよう

    2019-09-17

    「ジャパネットたかた」の名前と社長の甲高い声は
    聞いたことがあっても、利用したことも関心もなかったの
    ですが、昨年日経の「私の履歴書」を読んでから変わりました。

    その高田氏の講演会が先日横浜であり参加しました。
    今年71歳になるとは思えない若さで、冒頭の彼の発言
    「自分が変えられないことをくよくよ考えず、変えられる
    ことのみ集中し、それを本気で行なう」にまず自問。





    彼は大阪の大学を卒業して数年後、両親の経営する長崎・平戸
    の写真館に入りました。仕事はカメラ販売と、観光地や宴会で
    撮った写真を寝ずに現像して翌朝お客に売ることだったそうです。

    1985年にソニーが家庭用の8㎜ビデオを出した時は夕刻
    お客の自宅を訪問し、子供や孫を撮影したものをTVに
    つないで見せ、訪ねた家の半分で売れたとのこと。



    (株)たかたを設立して独立したのは1986年、37歳のとき。
    ラジオショッピングを始めたのが1990年。5分の長崎放送の
    番組で2万円のカメラが50個100万円売れました。

    全国ネットができた1994年には、始める前の売上げ2億が
    43億に!そしてこの年よりテレビショッピングを始めて
    3年前に引退、一切口を出してないが昨年売上が2000億に。



    高田氏は最後に経営に必要な3要素を上げました。
    まず「ミッション」。何のために、誰のために行うのか。
    次に「パッション」。これを持たずに人は動かせない。
    最後は「アクション」。本気でやること。

    私は最近言ったことが伝っていないと実感することが多く

    彼の著書「伝えることから始めよう」を早速購入しました。


    テーマ名 講演・見学

    ページ作成日 2019-09-17

  • 自由学園・明日館

    2019-08-20

    フランク・ロイド・ライトが設計した建物は
    落水荘、グッゲンハイム美術館などアメリカにある
    建物をいくつか見学しましたが、日本では明治村にある
    帝国ホテル(一部)以外に見たことはありません。


             落 水 荘


           グッゲンハイム美術館

    彼が設計して日本に現存する少ない建物の一つ、都内の
    自由学園のホールについては時おり報道されており
    いつか見たいと思っていましたがやっと実現しました。

    池袋西口から細い路地を入って右奥に校庭の南側が
    見えたとたん、これは想像していたものと全然違う!と
    期待を嬉しく裏切られました。建物が一部残っている
    のではなく敷地と建物全体が保存されているのです!









    設立者の羽仁もと子と羽仁吉一は帝国ホテルの設計を
    していたライトに依頼、1922年の中央棟などを手初めに
    教室、講堂などが1927年までに竣工しました。

    その後学園は久留米に10万坪の土地を購入、新校舎を建設し
    1934年には移転が完了し、発祥の建築群は「明日館」として
    引き続き使用され、今では結婚式場としても借りられます。





    さてここまでには建て替え、売却の選択肢も当然検討された
    ようですが、文化財指定の話が出たとき、それによって
    使用が制限されたのでは意味がない、と言っているうちに
    制度が変わって使いながらの指定が可能になり、1997年に
    重要文化財に指定され、2002年に修理工事が終わりました。


         講 堂(設計は弟子の遠藤新)


    このような経過があって「明日館」はライト設計の原型を
    保ちながら今日に至っている珍しいケースとなったのです。
    これを見ると帝国ホテルがもし残っていればどれほどの
    文化遺産になっていたか…などとつい無益な想像をしてしまいます。


    テーマ名 アート・建築

    ページ作成日 2019-08-20

  • 学童クラブ「あゆみ」説明会

    2019-07-27

    昭和39年に建てた当社の木造の独身寮は、55年で
    その役目を終え、この度建て替えることに。
    アパートと駐車場を含めて敷地は約194坪です。



    1階については以前から関心のあった母子家庭用
    シェアハウスを計画しました。このノウハウについては
    運営実績のあるイノベートバリューの細山さんに相談。

    現地を見た細山さんから2つの小学校に近いので
    学童保育所を併設してはどうかと提案され、横浜で長く
    学童保育に携わるアビリティの石尾さんを紹介されました。




    川崎市のすべての公立小学校では「わくわくプラザ」
    という放課後児童が過ごせる場所を校内に設けていますが
    民間の学童保育所ができていることはよく知りませんでした。

    先日大戸小学校を訪問して校長からその辺の事情を聞くと、
    今10か所以上の学童保育所に児童が通い、放課後その迎えの
    バスが校門わきに駐車して近隣から苦情が出ているとのこと。

    比較的規模の大きい周辺の4か所の内容を調べてみると
    英会話、体操、そろばんなど多彩なメニューを取り揃え
    来春の募集は終っているところもあり、私たちも急いで
    石尾さんの紹介や当社の人脈から講師を選定しました。





    そして7月20日、説明会を3回に分けて当社で行い
    各々5組の定員に対し応募は16組で、まずまずの成功。
    まだ未就学児の家庭が7割で、終了後のアンケートを読むと
    コンセプトの説明が分かり易かったととても好評でした。



    説明会はこのあと8月、9月にも開催し、9月には英会話や
    工作のカリキュラムの無料体験レッスンも行う予定です。


    テーマ名 J.E.C.T.O

    ページ作成日 2019-07-27