アメリカメークアップツアー3|ジェクト株式会社

ジェクト株式会社へようこそ
  • お問合せはこちら

社長ブログ

  • アメリカメークアップツアー3

    2019-05-27

    14日の夜、最後の訪問地ニューオリンズへ到着。ホテルの
    外に出るとバーボンストリートは夜遅くにもかかわらず
    かなりの人出で、現地ガイドに紹介された小さなジャズバーへ。

    ピアニストの弾き語りで、いきなりリクエストを聞かれ
    Tea for Twoと答えました。終った後たまたま会場を出てきた
    ピアニストと記念撮影。







    翌日はフランスやスペイン植民地時代の建物が残る
    フレンチクォーターの中のジャクソン広場へ。アメリカ最古の
    セントルイス大聖堂の前には観光馬車が列をなし、1862年
    開店のカフェデュモンドは当時のオープンテラスのままです。











    そのあと高級住宅街に隣接する大きな墓地へ。地下水位が
    高く地中に埋葬できないのでお墓が家のよう。また墓地の
    周辺は静かで住宅立地として好まれるとの説明を聞き何と
    合理的!と情緒的な我が国との差をこんなところでも感じました。





    昼は大型蒸気船ナッチェスのランチクルーズ。船上では
    ジャズライブがありクラリネット奏者と写真を撮ったさい
    今夜演奏するジャズクラブへ誘われました。











    下船して向ったのは郊外のオークアレイ・プランテーション。
    1839年築の邸宅は28本の列柱が周囲を囲み、ミシシッピー川
    からのアプローチの両側の大木は樹齢300年のオーク。
    「風と共に去りぬ」の世界、南部でしか見られない風景です!







    街に戻り夕食の後、まずクラリネット奏者が出演する
    小さなジャズバーに行ってデキシーランドジャズを
    楽しみました。彼らは毎年日本でも公演しているとのこと!







    ホテルの帰り道、プリザベーションホールという1817年
    完成の小さなコンサートホールに寄り、立ち見でクールな
    モダンジャズを聴いて最後の夜を過ごしました。初めての
    南部でしたが、アメリカの多様性、奥深さを感じた旅でした。


    テーマ名 ロータリーなど

    ページ作成日 2019-05-27