最新の記事一覧|ジェクト株式会社

ジェクト株式会社へようこそ
  • お問合せはこちら

社長ブログ

  • 日本民家園

    2019-12-20

    私たちのロータリークラブの3回目のまち歩きは
    多摩区の生田緑地です。調べてみると何と昭和16年に
    都市計画決定された緑地で、エリアには日本民家園、
    岡本太郎美術館、青少年科学館、桝形山広場のほか
    藤子不二雄ミュージアムなども含まれます。


          民家園本館(入口)
    民家園の開園は昭和42年。きっかけは麻生区にあった
    「伊藤家」が横浜の庭園に移築されることを市の職員が
    聞きつけ、それが生田緑地に古民家を集めることに発展し
    今では全国の民家24棟が移築・復元されています。

    当社では昭和43年の旧三澤家の復元工事を皮切りに、
    水車小屋などを含む8軒の工事を施工、平成3年には
    入場口を兼ねた本館工事(木造風なRC造)を請け負いました。




            旧 原家


    民家園の入口で待ち合わせて入園すると、すぐ右手にある
    旧原家住宅に入館。明治末期に小杉に建てられたこの豪壮な民家
    の棟梁は私の本家の登代次郎、副棟梁が私の曽祖父の
    清次郎。平成3年に当社が解体、復元を担当したのです。


            旧 三澤家 
    また初めて施工した旧三澤家は長野・伊那市の宿場で薬屋を
    営んでいた建物の復元でした。翌昭和47年には三重県・
    志摩半島の漁村にあった「船越の舞台」を復元。
    回り舞台の床下も見学でき、昨年は民家園50周年を記念する
    コンサートがここで開かれました。




          床下の回転装置
          
          記念コンサートの模様
    私たちは敷地一番奥のこの舞台を見学後、岡本太郎美術館の
    カフェで昼食を取りました。そのあと蒸気機関車等が置いてある
    中央広場に出ると、やっと家族連れの姿を見つけましたが、
    園内は閑散としていて、これだけ自然に恵まれ魅力的な観光資源を
    このままにするのはもったいないと、市民の一人として感じました。


          岡本太郎美術館



           中央広場   


    テーマ名 街あるき

    ページ作成日 2019-12-20

  • スペースデプリ その2

    2019-11-21

    岡田さんの話のあと、小泉さんが短くスピーチ。
    まず環境省については現実を理想に近づけるため
    “今やっている仕事を止めること!”と発言。



    先日東京湾の埠頭にヒアリが出現したことについて
    記者会見で質問が出たので、同席の官僚に振ったら
    誰も答えられなかった。そこまで人手が回らない、
    つまり人手が足りない状態なのだ、と認識した。



    そのため「○○月間」を止めよう!と省内で言っている。
    例えば今月は「エコドライブ月間」。大臣は記者会見で
    「ふんわりアクセルをお願いします」と言ってほしいとのこと。
    自動車メーカー同士がエコを競っている時代に・・・。

    環境省ではICT建設機械の導入に補助金を出しているが
    国土交通省ではダメなのか?環境省でなければできないことが
    あるはずで、それに限定できないのか。



    捨てられたビニール袋などが川から海へ流出する
    海洋プラスチック問題。京都・亀岡市は来年からビニール
    レジ袋を禁止する、ということを先日市長から聞いた。

    水筒持参の市長に(小泉さんも)、亀岡市の500ccの水道料
    を聞くと約1.5円で、同量のペットボトルを買うと150円!
    水資源豊かな亀岡市民もペットボトルの高い水を飲んでいる!



    小泉さんは「世界で水道水を安心して飲める国は10か国
    程度で、特に日本はおいしい水が飲める国。それなのに
    ペットボトルを買って捨てている」と残念がっていました。

    私はそんな観点で水の問題を捉えたことは無く、これを機に
    少しでも環境問題を考えていかなければと思いました。


    テーマ名 講演・見学

    ページ作成日 2019-11-21

  • スペースデプリ

    2019-11-20

    今月の小泉進次郎モーニングセミナーのゲストは
    アストロスケール創業者の岡田光信さんでした。
    東大卒業後、大蔵省入省。その後マッキンゼーに転じたあと
    IT業界の経営者として活躍したが40歳を前に迷いが…。



    彼は15歳の時、NASAのスペースキャンプに参加し
    毛利飛行士から「宇宙は君たちに活躍するところ」という
    色紙をもらったことを思い出し、宇宙には人工衛星2,000個を
    含む23,000個の宇宙ゴミ(スペースデプリ)が秒速8㎞で
    地球を回っていてやがて衝突することを知りました。



    これらの除去が必要なのに、取り組む企業はどこも無く
    それでは自分が、と思って創業したのが2013年。
    現在衛星放送やGPSは基より交通網、災害対策、農業漁業も
    人工衛星なしでは生活できないほどになっているとのこと。




    無数の競争相手があったIT業界。一方宇宙ゴミ撤去は
    「市場が無い」「民間のやることではない」と言われたとき
    「ブルーオーシャンだ!」と思った本当のプラス思考の持ち主。



    宇宙の欧州会議に参加、10日後にはアストロスケールを設立、
    来年初めてゴミ収集の試験衛星の打上げを行うが資本金は153億に。
    国連の宇宙空間平和利用委員会が30年論議してできなかったこと、
    つまり“宇宙のロードサービス”を7年で行おうとしています。



    岡田さんは最後に次のようのまとめました。
    「課題方程式」とは、物ごとのあるべき姿を明確にすること。
    (課題)=(あるべき姿)-(現実)
    「実現方程式」とは、言い訳をせず、考え、実行すること。
     (実現)=Max(思考)×Max(実行)

    私は今後の経営の進め方に大きなヒントを得た!と感じました。


    テーマ名 講演・見学

    ページ作成日 2019-11-20