最新の記事一覧|ジェクト株式会社

ジェクト株式会社へようこそ
  • お問合せはこちら

社長ブログ

  • おとく市

    2019-11-06

    先週の土曜日、中原工房で「建築資材おとく市」が
    開かれました。これらの端材は現場と協力会社からの提供です。

    昨年1回目を行ったときは、出品材が少なくて
    木材などはすぐ売り切れになったので、今年はある程度の
    量を揃えたのですが、とても良く売れました。





    中にはご夫婦でフローリングを3箱買った方がいて
    何に使うのかすぐには想像できません。DIYが日本に
    本当に根付くのはまだ先と思われますが、この売れ行き
    を見ていると確実に進んでいることを実感します。



    木材に比べるとビニールクロスやCFシート、コンクリート
    ブロックなどは今一つでした。やはりまだDIYでは扱いにくい
    品物なのだと思います。



    中原工房のスタジオでは、お子さん向けの「万年カレンダー」
    のワークショップが参加費500円で開かれ、用意した30個分が
    売り切れてしまいました。これはお手伝いに来た学生の
    アイデアで、一つで年間カレンダーとして利用できるものです。







    またプランニングスタジオでは地元主婦グループが「MONOMONO
    ワークショップ」を開催、自ら作った小物の販売や、ドライフラワー
    をオイルに浸すハーバリウムのワークショップを行いました。





    イートインコーナーも設け、出張カフェや地元で評判の
    パン屋さん5店舗から色々なタイプのパンを仕入れて販売。



    この催しはチャリティを兼ね、不動産部の管理物件の清掃を
    お願している障害者支援のNPOアシストに売上を寄付しますが、
    施設長の小谷さんも来場、当社が依頼している物件はもうすぐ
    100棟になると聞かされて驚きました!


    テーマ名 J.E.C.T.O

    ページ作成日 2019-11-06

  • 旧山邑邸

    2019-10-19

    京都の二日目、台風が日本に上陸した日に私たちは
    「俵屋」を跡にして次の宿、ホテルオークラ神戸に向かい
    風雨が収まるのを待ちました。ここのロビーは東京の
    オークラの意匠のイメージをそのまま受け継いでいました。


             俵  屋



          ホテルオークラ神戸

          ホテルオークラ東京

    神戸の宿泊は、翌日ライトが設計した芦屋の旧山邑邸
    (現ヨドコウ迎賓館)を見学するためです。

    8月にやはりライト設計の自由学園を見学したとき
    想像を超えて原型を保って保存されていることに
    感銘を受け、もう一つ国内で現存しているライト設計の
    住宅を見てみたかったのです。

    六甲山系の山裾に1924年に山邑家の別邸として完成
    したこの洋館は、戦後一時進駐軍の社交場としても
    使われ、1947年淀川製鋼所の所有になり、1974年には
    国の重要文化財に指定されました。





    阪急の芦屋川駅に着くとホームから、こんもりとした
    木々の中に邸宅の一部が見えます。「ライト坂」を上がり、
    邸内に入るとまず建物の南端、玄関の車寄せ部分に着きます。







    帝国ホテルと同様に幾何学的な彫刻を施した大谷石を
    ふんだんに使い、独特の雰囲気を醸し出しています。
    その上は応接室で、両側に大きな開口部を持つ左右対称の
    デザインでした。3階の和室の間は実施設計の時にライトの
    弟子、遠藤新が施主の要望を入れたようです。





    4階の食堂から広いバルコニーへ出ると街が一望でき
    振り向くと目に飛び込む大谷石を用いた開口部とその上の
    ドームの造形は、この建物の大きな魅力に感じました。







    この後、計画になかった近くにある滴翠美術館に寄った際、
    窓から旧山邑邸の西側立面が見えたのは幸運でした。





     


    テーマ名 アート・建築

    ページ作成日 2019-10-19

  • 修学院離宮

    2019-10-18

    2年前に桂離宮を訪れた時、京都のもう一つの
    宮内庁管轄の建物、修学院離宮をいつか見たいと
    思いましたが、この度見学が実現しました。

    3か月前の予約で取れたのが先週金曜日の午後3時。
    昼過ぎに京都に着き、荷物をこの日の宿の俵屋に置いて
    地下鉄で国際会館まで行き、バスに乗り換えて現地へ。



    3時の参加者15,6人はまず事務所で解説を聞きました。
    元々ここには10世紀に修学院というお寺があったが
    17世紀に後水尾上皇により造営された山荘です。



    敷地は約54万㎡と桂離宮の8倍あり、下、中、上の
    3つの離宮が点在しています。まず入り口から近い
    下離宮へ。ここには寿月観という数寄屋造りの建物があり、
    屋根はこけら葺き、雨音対策もあったようです。





    中離宮へは赤松が両側に植えられた道を行きますが
    道の左右は水田で、右手には遠く京都市街を望めます。
    中離宮には2つの建物があり客殿の方の中央にある豪華な
    霞棚という違い棚は「天下の三大名棚」の一つとのこと。










    ここは標高100mで、150mの上離宮まで坂道を上ります。
    頂上の隣雲亭に着くと眼下に浴龍池と背景の山々が望めて
    紅葉の時期にはさぞ素晴らしかろう、と想像されます。







    池の淵まで降りて楓橋を渡って中島へ。窮邃亭という
    茶屋を見ながら土橋を渡り池の周りをぐるっと回って
    松並木の小道を下離宮方向へ戻りました。










    京都市内の喧騒を離れて、広大な敷地の中の3つの離宮と
    浴龍池の周りの雅やかな風情、一見の価値は十分ありました。


    テーマ名 旅行記

    ページ作成日 2019-10-18